映画『新聞記者』

f:id:sinnosuke22:20201218132702j:image

今期ドラマ『七人の秘書』での演技に私の心が奪われ、一気に好きになってしまったシム・ウンギョンさんが松坂桃李さんとダブル主演をした『新聞記者』を後れ馳せながら観させていただきました。

 

この作品、実は公開当時、観に行こうか迷った挙げ句、悩んでいる間に公開が終わってしまい観ることができなかったんです。

 

そしてその後、2019年日本アカデミー賞で賞を取ったことも実は知りませんでした。

 

ちなみに受賞したのは、


日本アカデミー賞
最優秀作品賞
優秀監督賞(藤井道人
最優秀主演男優賞(松坂桃李
最優秀主演女優賞(シム・ウンギョン)
優秀脚本賞(詩森ろば、高石明彦、藤井道人
優秀編集賞(古川達馬)。

 

他にもいろいろなところで賞を取っています。


作品としてはストーリー自体はシンプルですがなかなかに重い内容です。

 

国を守るという大義名分を後ろ楯に、その権力を利用して、無いことをでっち上げ、あたかも真実に変え情報を操作する、現代日本で起こっていることとも少なからずリンクしているようで見入ってしまいました。


官僚と新聞記者の視点を交互に見せながら、上手くそれぞれの立ち位置や葛藤し苦しむ様を見せる。

 

さらに、映像でも上手く陰影を使い見るものにある種の恐怖感を感じさせる。ちょっと暗すぎて陰影が強く使い過ぎた感は否めないけど。

 

主演のお二人はともに、難しい役どころをしっかり見せてくれました。

 

ただ、強いて言うなら、シム・ウンギョンさん演じる新聞記者の奮闘ぶりや権力と戦う葛藤をもっと深く描いて欲しかったかなぁ。ストーリー的に必要なんだろうけど、ちょっと彼女の背景に重きを置きすぎてしまったのが残念。あとはもっとハラハラする緊迫感が欲しかった。そのあたりに少し物足りなさを感じました。

 

とにかく、社会に一石投じるテーマとしてとても見応えのある作品でした。

 

今年、日本アカデミー賞受賞後に、劇場で凱旋公開があったそうですが、それすら知らず映画館で観れなかたのが心残りです。

 

 

《作品情報》


ストーリー

東都新聞の記者・吉岡エリカのもとに、医療系大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届く。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、強い思いを秘めて日本の新聞社で働く彼女は、真相を突き止めるべく調査に乗り出す。

  一方、内閣情報調査室の官僚・杉原は、現政権に不都合なニュースをコントロールする任務に葛藤していた。そんなある日、杉原は尊敬するかつての上司・神崎と久々に再会するが、神崎はその数日後に投身自殺をしてしまう。真実に迫ろうともがく吉岡と、政権の暗部に気づき選択を迫られる杉原。そんな2人の人生が交差し、ある事実が明らかになる。

 

 

監督:藤井道人


キャスト

シム・ウンギョン 、松坂桃李

本田翼、 岡山天音郭智博長田成哉、宮野陽名 高橋努西田尚美高橋和也北村有起哉田中哲司


上映時間 :113分

 

公開日: 2019年6月28日

 

《鑑賞日》
2020年12月13日(日)