久しぶりの病院通院

先週の13日木曜日に久しぶりに病院に行ってきました。初診から7か月目に入りました。前回の診察で、症状がだいぶ少なくなってきたということで、今回は2か月空けての通院です。

 

今の身体の状態については、右親指のしびれは残っておりしびれの強さは変わらないこと、寒くなってきたためか、腕に重だるさが出たり、時には肩甲骨から腕にかけ重たい感じがあることを先生に伝えました。

 

さらには、走ったあとも腕の症状が強まる感じがあること、まだ月間100km未満しか走れていないことを合わせて報告しました。

 

その上で今後の方針としては、現在、飲んでいる神経の回復をサポートする薬を継続し、走るのは無理をしない程度に留めるということになりました。

 

ということで、ランの継続許可は出たのですが、受診当日に症状が出ていなかったことで、肩甲骨から腕にかけ少し痛むこと、首の後ろの痛みがよくあることを伝え忘れてしまいました。身体としては、不安は残りますがぼちぼち体の調子を見ながら上手く付き合うしかないですね。

 

次はまた2か月後。症状が悪化しないよう、さらにトレーニング量を増やして上手く付き合っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

上野の森ハーフマラソンはDNS

今日参加予定だった上野の森ハーフマラソン10kmは、体調不良にて不参加としました。

 

走れそうなギリギリの体調に、朝の4時から行くべきか止めるべきか散々迷った上で、不参加を決めました。

 

最近、免疫力がかなり落ちていること、稲城グリーンロードを走ったあとに、体調を悪化させたことを考えて、無理をしないということで落ちつきました。

 

楽しみしていただけに残念ですが、きちんと体調管理できなかった自分自身が悪い。反省しつつしっかり生活自体を改善しないといけませんね。

 

 

昨日は勉強会でした

9日10日と2日間、今回は頚椎の勉強会に行ってきました。やっぱり頚は難しいですね、勉強しなければならないことが盛り沢山です。

 

昨日の勉強会の帰りは、とにかく寒くて寒くて死にそうになりました。一気に冬がやってきましたね。そして、またもやランはサボりぎみになっています。風邪と免疫力低下によるダウンで稲城のレースから走っていないのです。さすがにぼちぼち走らないと。今週末のレースは、ゆっくりペースで行くことになりそうです。

12月なのに暑い!

昨日は東京23℃越えだったようです。そして、今朝も暖かい。朝練(5時半前に出発)で5km走りましたが、厚めのジャージを着て出たら、汗だくになってしまいました。

 

こんな陽気も続かないらしく、気温が下がったり上がったりを繰り返し、今週末にはかなり冷え込むよう。いよいよ苦手な季節になってきます。

 

体調崩しぎみなので、かなり用心して過ごしたいと思います。

2018Dec.東京ヴェルディ稲城グリーンロードレース大会

f:id:sinnosuke22:20181204072931j:image

12月2日(日)に開催された、稲城グリーンロードレースに参戦してきました。

 

毎年、1月下旬開催のこの大会、何故か今回は12月の開催に変更されていました。ということで2018年は2回開催になります。

 

本当ならば、このレースが復帰レースになるはずでしたが、図らずも第2戦となってしまいました。

 

復帰レースということで今回は5kmにエントリー。13時スタートの10km組を見送って、13:10スタートです。まずは陸上競技場外周を2周回し、公園内を一部走ってから一般道(歩道)へと出ていきます。

 

この大会の10kmは坂道が多くて変化に富んだタフなレースというイメージが強いのですが、5kmのコースは実に単調。公園を出て、一般道の昇り坂に入ると、その頂上あたりで折り返し戻ってくるというコース。精神的には楽ですが、何も面白みがない。積極的に走りにいくランナーさんには、坂道の5kmタイムトライアルみたいな感じです。

 

走りは、前回のこどもの国を走れたということで、またまた調子に乗り初めからやや飛ばしぎみ。

 

ただ、今回は脚が重い。

 

そんな重い脚を力で持っていくようにガシガシ走りますが、私より年上の女性に軽々と抜かれてしまいました。

 

そんなこんなで、坂道に心拍数MAXになりながらも、5kmだけにあっという間のレースとなりました。結果としては、24分台で走れたので、今の私には上出来です。

 

ただ、走りがイマイチだっただけにちょっと凹みぎみに。今回はやっぱり調整ミスです。昨晩しっかり睡眠をとっていなかったこと、朝ごはんをビスケットで済ますという暴挙に加え、昼も食べずに走ったこと、さらにはおなかがやや痛かったこと。ダメダメ生活が思いっきり走りに影響したレースとなってしまいました。そして、走ると体自体が重たいことを思い知るのです。やっぱり身体を絞らないとダメだなぁといろいろなことを大いに反省した大会となりました。

 

最後に、

毎回、ランナーを無事に誘導してくれる大会スタッフの皆様、寒い中長時間、ありがとうございました。

 

来年は・・・10kmをと言いたいところですが、12月初旬の日程ならば、フルマラソンのメインシーズン。湘南国際や気になっている大会は目白押し。不測の事態でフルマラソンを走れない限り、残念ですがこのまま12月開催なら、今回が稲城グリーンロードレース最後の参加になりそうです。

 

ただ、自宅から近場なので、練習として、また走りに来たいと思います。


f:id:sinnosuke22:20181204073004j:image

公園内、陸上競技場外周のコース。


f:id:sinnosuke22:20181204073102j:image

綺麗な紅葉が見れました。

 


f:id:sinnosuke22:20181204073159j:image

ゴールに向かう陸上競技場入り口。

 


f:id:sinnosuke22:20181204074631j:image

ゴール地点です。

 


f:id:sinnosuke22:20181204073242j:image

稲城中央公園はこんな感じです。意外と広い。

 


f:id:sinnosuke22:20181204073304j:image

参加賞のナップサック。今年はサイズが少し大きくなっていて個人的にはイマイチ。でも使い道はありそうです。

 

来年のキンメ走ります!


f:id:sinnosuke22:20181202082756j:image

 

第4回目の開催となる伊豆稲取キンメマラソンのエントリーが昨日から始まりました。もちろん、ハーフマラソンで参戦を決めました。

 

今年は走るどころではなく悔しい不参加となってしまった大会です。それだけに、来年こそは、『絶対に走りにいく!』。それが私のリベンジになります。

 

タイム云々よりも、スタート地点に立てなければ話にならない。

 

このコースも坂道多し、大会名に相応しくない地獄のハーフ。地獄のコースをとにかく楽しんで笑顔で走れるよう、今からしっかり準備をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かんぽ生命presents 第6回 ウィークデ ーマラソン in こどもの国


f:id:sinnosuke22:20181202080558j:image

復活レースの予定だった稲城グリーンロードレースの前に、ちゃっかり1本レースに参加してきちゃいました!

 

11月27日(火)開催と平日休みと日程が合致したので、急遽の申し込み。キツイキツイこどもの国でのレースです。

 

この大会は、こどもの国の外周コース=1周4.2195kmを走り、カテゴリーが、フルマラソン 10周、 ハーフマラソン 5周、 10分の3マラソン 3周=12.6285km、10分の2マラソン 2周=8.439km、10分の1マラソン 1周4.2195kmの個人の部とリレーマラソン 10周42.195kmとかなり種類が豊富なのが特徴です。今の体力に合わせて参加種目を選択しやすいのは、私にとっても嬉しい大会。

 

ただ、こういうときは、どうしてももったいないという気持ちが沸々とわき上がってきてしまい長い距離を選択したいところをグッと堪えて今回は10分の2マラソン (8.439km)を選びました。

 

当日は天気も良くて走る頃には暖かく、復帰第1戦にしては絶好のマラソン日和。

 

こどもの国を走るのは、これで2回目になります。前回は同じ大会のハーフマラソンに参加しましたが、坂がキツすぎて5周回も走り死にそうになったという記憶しかありません。

 

ただ、次の稲城グリーンロードレースも坂道の多いコース。その練習のつもりで、気楽に走ろうと決めていました。

 

スタートは、部門ごとに時間差で、フルマラソン(リレーも一緒に)、ハーフマラソン、それ以外の距離の順番。私の参加する10分の2マラソン は10:50、最後の組でのスタートです。

 

スタートして走り出すと、気楽に行くつもりが、やっぱり調子に乗ってスピードを上げてしまいます。スタートすぐのトンネルを越えて、少し走ると第一の山場、このコース最大のキツイ坂道が現れました。今の走力で走りきれるのか不安でしたが、なんとかここはクリア。しかし、この後も何度か坂道がやってきては、かなり苦しめられました。しかも1周目の中盤辺りから、右足裏に強い痛みが!

 

まずいなぁ〜と顔が少し歪みながらも、走り続けていると、2周目に入った辺りから、痛みが減ってきてくれました。もしかしたら、感覚がおかしくなって麻痺していたのかもしれませんが、これで走り続けられそうと、あとは走ることだけに集中できました。

 

周回コースなので、一旦スタート地点に戻るからか、給水をしたり、応援が多くなるので、ここで少し元気になります。そして、2周回目へ突入、一番の山場の激坂は歩きこそしませんでしたが、かなりキツイ。呼吸はさらに荒くなる。

 

2周目でも、まだコース全体があやふやなので、後半は『もうこれで坂は終わりだろう』と思っていても、また坂がやってくるという展開に精神的にも苦しめられながら、最後の下り坂へ。実はここもこのコースの難所。ジェットコースター並みに、スピードが出てしまい、しかも坂の最後は急カーブという、かなり脚にくる極めて危険な下りなんです。

 

上手くブレーキをかけながら、ゴールはもうすぐ!陸橋に入ったところでラストスパート!

 

なんとか無事に難関コースをゴールすることができました。

 

やっぱりこのコースは、長い距離はキツイ。私には2周か3周が限界だなぁと思うとともに、フルマラソンを走っているランナーさんには本当に尊敬しかありません。

 

こうして、無事に復帰レースを終えひと安心。次は稲城ロードレースに向け頑張るしかありません。

 

最後に、

 

平日開催で規模も小さめの大会ですが、スタッフさんもしっかりしていて、とっても良い大会。坂道を上手く取り入れ、鍛えたあとの脚試しにはかなりいいコースだと思います。キツイコースなのに、意外と私は好きなんです。今度は、もう少し走り込んでから、このコースに挑もうと思っています。


f:id:sinnosuke22:20181202080855j:image

黄色の外周が今回のコースになります。

 

f:id:sinnosuke22:20181202081217j:image

スタート・ゴール地点です。

 

f:id:sinnosuke22:20181202081258j:image

スタート後にすぐに通るトンネルが遠くに見えます。


f:id:sinnosuke22:20181202081350j:image

コース終盤の陸橋です。ここでラストスパート!

 


f:id:sinnosuke22:20181202081653j:image

周回最後、ゴール地点に入っていくコース。奥に見えるテントは給水所。

 


f:id:sinnosuke22:20181202082021j:image

小学校の遠足で来た記憶が少し残る思い出の場所。また、走りにきたいと思います!

 




 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳画像セミナー今月2回目の参加です。

今日は朝から川崎で丸1日の勉強会に参加してきました。熱量の感じる講義、そして実技と今日もいい刺激をもらってきました。

 

帰ったら、さっそく復習です。とっても大切な内容だっただけに、セミナー中も一生懸命覚えたことをもう一度上書きして、しっかりインプットしようと思います。そして、明日からの臨床に少しでも落とし込んでいけたらと思います。

舞台『贋作 桜の森の満開の下』4回目の観劇

f:id:sinnosuke22:20181123230315j:image

舞台の余韻に浸りながら、ただいま帰路の途中です。23日夜公演、私にとってこの舞台、最後の観劇となりました。

 

幸いにも、後ろから数えた方が早いぐらい後方席でしたが、左ブロックの中央側通路席で、視界を邪魔するものはなく、舞台全体を見渡せるとても良い席で観ることができました。

 

何度観ても、素晴らしい舞台です。最後の観劇をしかと目に焼きつけてきました。

 

公演は、25日が千秋楽。9月からの長期公演、終わってしまうのがとっても寂しい。また、同じメンバーで再演してもらいたい。かなり難しいところですが、切に願わずにはいられません。


f:id:sinnosuke22:20181123230401j:image

 


f:id:sinnosuke22:20181123231817j:image

観光ランに参加してきました!


f:id:sinnosuke22:20181123093604j:image

だいぶ前になってしまいましたが11月4日に観光ランというイベントに参加してきました。定期的に開催されているイベントで、今回は、『なかのまちめぐり博覧会2018』というイベントの一貫として開催されていました。中野区内の名所・まちを巡ることができるというところに惹かれて、初めての参加。もちろん、中野のまち自体走るのは初めてです。

 

このイベントは、案内をしてくれる主催者さんについて、中野区全域の主要な名所を巡り、total21kmの距離をおそらく先に申告をしておけば、途中で抜けて終了にしてもいいという形になっています。

 

コースの詳細は、中野駅前の中野サンプラザからスタートして、中野セントラルパーク、平和の森公園、沼袋駅妙正寺川哲学堂公園新井薬師駅、新井薬師(5km)、唱歌“たきび”の歌碑、林芙美子吉良上野介に縁の地、落合駅小滝橋神田川、フォークの名曲“神田川”歌碑、淀橋、中野宿跡の石臼モニュメント、中野坂上駅付近(10km)、成願寺、鍋屋横丁、養糸の森公園、東高円寺駅中野駅付近(16km)、桃園川緑道、高円寺駅付近、高円寺純情商店街、庚申塚商店街、中野駅付近(21km)までとなっていましたが、後半は、小雨が降りだしたため、高円寺辺りからは、コースを短縮していたように思います。

 

なかなか走る機会がない、初めての地『中野』をとっても楽しみにしていましたが、イベント数日前から、脚の調子がイマイチ。しかも、ラン復帰してから長い距離や長時間走をしていなかった不安もあり、スタート前は、『10kmぐらいで止めようか』と思っていましたが、スタート前に言い出すチャンスがなく、『行けるところまで行ってみるか!』と覚悟を決め走り出しました。

 

 

参加者は5人。まず、最初にビックリしたのは、案内してくれる主催者さんが『自転車』移動だったこと。勝手に一緒に走って巡ると想像していたので、ここでかなりの衝撃。

 

走り出して、名所があるとそこで止まっては主催者さんが、いろいろ由来やら歴史やらをお話してくれます。なかなか勉強になります。

 

ただ、私の脚力がついていかない!走るのが精一杯で、街を眺める余裕などない。結局、20km近く走りきりましたが、名所に立ち寄ることがなかったら、最後まで走れなかったと思います。

 

しっかり走り込んでいたら、知らない地を走れ、いろいろな話も聞ける楽しいイベント。もう少し力をつけて、また、是非とも参加したいです。

 

 


f:id:sinnosuke22:20181123090853j:image

スタート地点から近い、中野四季の森公園。この辺のエリアで『餃子フェス』なるものが開催されていました。帰りに寄ろうと思っていたのに、あいにくの雨で断念。

 

f:id:sinnosuke22:20181123091116j:image

中野駅は大学が多いんですね。

 

f:id:sinnosuke22:20181123091208j:image

沼袋駅の商店街。『とかいなか ぬまぶくろ』

なかなかのキャッチフレーズです。

 


f:id:sinnosuke22:20181123115627j:image

明治寺


f:id:sinnosuke22:20181123115509j:image

 

f:id:sinnosuke22:20181123091317j:image

こちらにはたくさんの観音像

 


f:id:sinnosuke22:20181123115448j:image

なかには、観音様ではないのでは?というものまで!



 

f:id:sinnosuke22:20181123091636j:image

中野区立歴史民族資料館。大きな石臼は、中野の歴史の象徴。

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123091846j:image

江古田の森公園でちょっぴりトイレ休憩。

 


f:id:sinnosuke22:20181123092020j:image

こちらは『哲学堂公園』。地名にも『哲学堂』が使われているそう。超カッコいい!地名が良くてこの地に住む人の気持ちがわかります。

 


f:id:sinnosuke22:20181123110248j:image

園内には77場の哲学に由来するユニークな名前の建物や石造物、通路などが点在しています。ゆっくり散策してみたい!

 


f:id:sinnosuke22:20181123110351j:image

哲学堂公園内にある『六賢台』です。聖徳太子菅原道真荘子朱子、龍樹、迦毘羅の6人が祀られています。

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123092307j:image

同じく哲学堂公園内にある『四聖堂』です。六賢台のすぐ近くに位置します。四面のいずれも正面とされ、孔子、釈迦、ソクラテス、カントを奉祀しています。

 

 

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123092355j:image

公園を開園した、哲学者・井上円了氏。哲学館(現東洋大学創立者で、妖怪学博士としても有名なのだそう。妖怪学?ちょっと気になりますね。

 


f:id:sinnosuke22:20181123092411j:image

先ほどの建物に行く入り口です。

 

 


f:id:sinnosuke22:20181123094955j:image

こちらは、有名な新井薬師

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123095032j:image

新井薬師の正式名称は『梅照院(ばいしょういん)』というんですね。知らなかった。

 


f:id:sinnosuke22:20181123095326j:image

当日はなにかの市が開催されていました。残念ながら時間の関係で、中には入れず。新井薬師は入り口まで。

 


f:id:sinnosuke22:20181123095526j:image

唱歌“たきび”の歌碑

 


f:id:sinnosuke22:20181123095606j:image

こちらは『萬昌院功運寺』

 


f:id:sinnosuke22:20181123095644j:image

吉良上野介菩提寺です。ちなみに愛知県にも菩提寺があります(愛知県西尾市吉良にある華蔵寺)

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123100154j:image

お墓の写真を乗せるのを躊躇いましたが、今回、教えてもらったことを伝えたい!

吉良さん、実は悪者ではなかったんです。写真には写っていませんが、墓所には、赤穂事件で亡くなった忠臣の名と年齢が刻まれた墓誌も建っています。この事件で料理人のような若者まで殺されてしまったんです、なんだかお話を聞いて切ない思いになりました。

 


f:id:sinnosuke22:20181123101339j:image

神田川です。他の場所でも違った神田川を見れました。


f:id:sinnosuke22:20181123111400j:image

こんな感じ


f:id:sinnosuke22:20181123111446j:image

 

 

f:id:sinnosuke22:20181123101434j:image

一番上で撮った神田川地点付近の川沿いを走っているときにあった『神田川』歌碑。

 


f:id:sinnosuke22:20181123101558j:image

またまた、石臼!

中野坂上にある『石森製粉』本社前の石臼です。こちらは、平成26年2月、中野区認定観光資源に設定されたそう。製粉業が盛んであった証、中野の大切な資源ですね。

 


f:id:sinnosuke22:20181123101716j:image

宝仙寺の仁王像です。

 

 


f:id:sinnosuke22:20181123102411j:image

宝仙寺の石臼塚』。ここにも石臼。せっかくなので、中野の石臼の由来を。


中野区と新宿区との間を流れる神田川には江戸時代から水車が設けられて、そば粉を挽くことに使われていた。


そばの一大消費地となった江戸・東京に向けて玄そばが全国から中野に集められ製粉の一大拠点となり、中野から東京中のそば店に供給されたため、中野そばとまで言われるようになった。


その後、機械化により使われなくなった石臼は道端に放置され見向かれなくなっていった。


それを見て当山、宝仙寺第50世住職富田敦純大僧正(宝仙学園創立者)が人の食のために貢献した石臼を大切に供養すべきであるとして、境内に「石臼塚」を立て供養した。

(中野区商店街連合会・中野法人会より)

 


f:id:sinnosuke22:20181123102505j:image

『やままさ醤油醸造所のレンガ塀』は小さな公園の一角に一部が移設され残されているのみだそう。まちのちょっとしたところに、歴史的なものがある中野は、とっても素敵なまちです。

 


f:id:sinnosuke22:20181123102714j:image

鍋屋横丁を通過

 


f:id:sinnosuke22:20181123102742j:image

妙法寺詣道

 


f:id:sinnosuke22:20181123102823j:image

こちらが妙法寺です。中には入らず、入り口でお話を聞きました。この頃には、雨が降りだしていました。ちょっと強めの小雨。結構濡れました。

 


f:id:sinnosuke22:20181123102842j:image

蚕糸の森公園です。

 


f:id:sinnosuke22:20181123102921j:image

入り口から見た公園。中には入らず通過。

中野には、大きくて自然がたくさん、素敵な公園が多くて羨ましいです。

 


f:id:sinnosuke22:20181123103004j:image

中野は小劇場もあるんですね。知らなかった。ここからは、もうゴールのサンプラザ中野は間近です。そうそう、サンプラザ中野、無くなってしまうんですよね。誰もが知る建物が無くなるのは、なんだか寂しいですね。

 

練習不足でランは辛かったけど、楽しみながら歴史も知れて、とてもいい経験が出来ました。