東京2020オリンピック自転車ロードレース&テストイベント 多摩市コースサポーターに当選しました

申し込んでいた『東京2020オリンピック自転車ロードレース&テストイベント 多摩市コースサポーター』に当選しました。

 

テストイベントは今年の7月21日開催。その事前説明会が7月6日に決まり、これで、前日の受付も含めて小布施見にマラソンと日程が被らないことがわかって一安心です。

 

テストイベントもオリンピック本番も暑い日中屋外でのサポートになるので、ランの練習も兼ねて、暑さに強い身体作りも必要になってきました。夏の大会や走り込みに向けてちょうど良いかもしれません。

復活の朝練

富士裾野高原マラソン以降、ずっと走って いませんでした。

 

筋肉がちぎれたのかと思うほどの猛烈な筋肉痛が続いたあと、右膝に痛みが出ていました。膝も結構強い痛みだったので関節が壊れたかと不安になりましたが、我慢してラン練習を休み、やっと痛みが減ってきたので練習を再開してみました。

 

軽めのジョグを5kmほど。今のところ、悪化はせず過ごせています。

 

やっぱり富士裾野のアップダウンが堪えたみたいです。

 

次のキンメマラソンもかなりのアップダウンなので、もっと強い脚を作らないといけません。

Huluにはまっています

今期のドラマがいまいち不作で、以前から見たい昔のドラマがHuluで配信されているのをゴールデンウィーク中にたまたま発見、見始めたらはまってしまいました。しかも、見たかったドラマ以外でです。

 

今のところ、竹内結子さん主演のHulu配信ドラマ『ミス・シャーロック』、小林聡美さん主演の『すいか』、古田新太さん、松下奈緒さん主演の『闇の伴走者』を楽しんでいます。面白過ぎて、最近、あまりテレビをつけていません。

 

無料お試し期間みたいなものがありますが、まだまだ映画にドラマに面白そうな作品があるので、しばらく契約するかも。レンタルで借りるより断然安いし、お店に行って作品を探すといった手間もないのでなかなかいいです。

 

通信料を気にしながら、寝不足にならない程度に少しずつ楽しんでいます。

今年から大会名称が変わります

毎年恒例となった9月開催の『24時間ゆめリレーin湘南ひらつか』が今年から大会名称が変わります。

 

湘南国際マラソンの連携大会『湘南国際リレーマラソン』としてリニューアルされ、リレーマラソン特有の“仲間と一緒に参加する”をきっかけに、最終目標は湘南国際マラソンへの出場・完走を目指すステップアップ大会として開催するそうです。

 

今までどおりのリレーの部・個人の部でのエントリー以外に、湘南国際マラソンイベント枠として湘南国際マラソン(フルマラソン)がセットでエントリーできる枠があったり、湘南Happy給食があったりと目玉を打ち立ててきました。

 

年々、参加者・参加チームが減っている印象があったから、運営サイドの苦肉の策なのかもしれません。人気のある湘南国際マラソンと連動することで、フルマラソンエントリー枠を目的に参加する人はきっと増えることでしょう。

 

ただ、私個人としては、今年で10年連続参加になる思い入れのある大会、大会自体も湘南国際より長い21年の歴史があり、あのこじんまりとしたアバウトな感じも好きなだけに、『ゆめリレーin湘南ひらつか』の名がなくなるのは非常に寂しく思っています。

 

これまでは純粋にリレーを楽しんだり(もちろん真面目に競技として走っているチームもいます)、ウルトラやフルマラソンなどの練習として個人参戦していた人が残っていたと思うので、フルマラソンがエントリーできるということで参加者が増えるということは、少なからず、良いこともあれば、悪いことも出てくるでしょう。

 

いろんな意味で今年はどんな大会になるんでしょうか。楽しみでもあり、ちょっと不安でもあります。


f:id:sinnosuke22:20190513170944j:image

すっかり忘れていました。去年の大会公式Tシャツです。参加賞はスポーツタオル。Tシャツは購入になります。



f:id:sinnosuke22:20190513171113j:image

バッグプリントがかわいい。同じデザインで色違いが数種類ありました。私は大好きなブルーを購入。そうそう、チームメイトに、『参加賞Tシャツいっぱい持っているのに、また買って!』と怒られたっけ。

 

そんなこともいい思い出です。

 

 

ものすごい筋肉痛です

レース翌日の昨日、今日とかなりの筋肉痛です。結構ケアをしたつもりですが、やはり、かなりのダメージだったんですね。

 

今日まで練習はお休みして、ゆっくり休足したいと思います。

富士裾野高原マラソン 参加賞Tシャツ


f:id:sinnosuke22:20190513163830j:image

 

久しぶりに参加賞でTシャツをいただきました。私の好きな紺色のシンプルなデザインです。参加賞Tシャツがかなり増えてきたので、さっそく練習Tシャツとして活用したいと思います。

第43回 富士裾野高原マラソン レポ

5月12日(日)  天気は快晴

 

やっぱりマラソン大会は朝が早い!5時過ぎに自宅を出発し、会場最寄り駅の御殿場線裾野駅到着に2時間半近くかかりました。さらにそこから、会場の裾野市運動公園総合体育施設陸上競技場まで、シャトルバスに揺られること30分の長旅です。

 

会場に着くとまぶしいぐらいの陽射しに、正面には大きくそびえる富士山。富士山は、上の方に雲がかかって、全体をはっきり見ることはできませんでしたがとても美しい。やっぱり日本人です、富士山を見るとワクワクしてしまいます。

 

着替えをしている間にも気温はグングンあがり、スタート時には24.5℃。陽射しも強く、整列ぎりぎりまで日陰で待機し体力を温存しました。

 

正直、もうこの時点から嫌な予感はありました。なんだかシャキッとしないいまいちな体調に、会場にいるのに全然テンションがあがらない、心ここにあらずといった感じ。これから21kmの長距離を走ることがなんだか他人事のよう。

 

そんなコンディションでも時間はどんどん過ぎていき気持ちを奮い立たせることもできないまま、10時のスタート号砲とともに走り出していました。

 

会場でコースの全体図は確認していましたが、予想以上のハードなコース設定。

 

陸上競技場を出るといきなりの登り坂。しかも、この登りが延々と5km過ぎまで続くのです。正面には富士山がばっちり見える景観の良さも登りのため足元を見て走り富士山どころではありません。

 

このスタート直後から5kmまでがコース全体で一番キツイというハードさ。そこへきてこの暑さです。身体がまだ走ることにも暑さにも慣れていないので、初っぱなからこのハードさに、身体だけでなくメンタル的にもかなり堪えてしまいました。しかも、気持ちが全く走ることに前向きになっていないんです。

 

そんな状態だったので、早い段階、3km手前で1回目のストップ。脚はまだ余力はありましたが、正直気持ちが折れました。しばらく歩いては走るパターンを5km過ぎ登りきるまで3回は繰り返していました。何度もリタイアを考えた一番辛い区間でした。

 

登りきると、左折し周回コースへ入ります。少し平坦なコースから登り下りを繰り返し、先ほどの5km登りコースの途中に戻ってくるという周回コースを2周走ります。この周回コースでは下り坂がやや多くなります。下りを何度か繰り返していると少し気持ちが立ち直り、走るモードにやっと入ってくれました。

 

それでもやはり、アップダウンのハードなコース。下りを気持ち良く走っていても、登り坂に入ると極端にグッとスピードが落ちます。

 

そして、下りで踏ん張っていた太ももは、周回コース後半の登り坂でノックダウン、右太ももがつりかけ、立ち止まってはしゃがむを繰り返しなんとか持ちこたえる非常に厳しいレース展開。

 

暑さは、初めての給水から毎回のように水をかぶりしのぐ作戦で行ったので、後半は上半身びしょ濡れ状態。でも、熱中症で倒れるよりは断然いいです。

 

そして、ありがたいことに、給水所には水とスポーツドリンクに干し梅がありました。この干し梅、甘しょっぱくて美味しい。塩分補給と気分転換にはもってこいで、毎回置いてあるところではいただき、かなり助けてもらいました。

 

2周回目、1周目では気持ち良く走れていた下り坂も辛くなり、脚が思うように前に出ません。必死に走り続けて、周回後半の登り坂へ。もう太ももだけでなく、両方のふくらはぎまで怪しいヒクツキが出ていました。脚が限界になる前にしゃがんでは休み、やっとゴールの陸上競技場へ続く最後の下り坂へ。

 

ここからがまた長かった。長い下りの距離を太もも・ふくらはぎの違和感は残ったまま、なんとか止まらず陸上競技場へ。

 

でももう脚は限界でした。陸上競技場に入り残りトラック3/4周、スピードを上げる余力はもはやなく、トラック内でまたもやストップ。しゃがんだ姿勢からなんとか立ち上がり、ちぎれそうな右太ももをかばうように苦痛を堪えてゴール。

 

コースレコードは、久しぶりの2時間越え、2時間2分16秒。記録でもこのレースの厳しさを物語っています。

 

今回は走るリズムが全く取れませんでした。戦略も何もない、ただ走りきるために、いまある体力をフルに使いきっての完走でした。ここまでしんどいレースは初めてです。

 

初めての富士裾野高原マラソンは、その厳しいコースと気候に撃沈、噂通りのかなりの強敵でした。

 


f:id:sinnosuke22:20190513124905j:image

行きのシャトルバスを降りてすぐに撮影した富士山。雪が残り綺麗です。


f:id:sinnosuke22:20190513125032j:image

最後の陸上競技場に入るコース。


f:id:sinnosuke22:20190513125138j:image

全体を上手く撮れなかったけど、綺麗な陸上競技場でした。


f:id:sinnosuke22:20190513125220j:image


f:id:sinnosuke22:20190513125300j:image

コース全体図。走る前はあんなに厳しいコースだとは思っていませんでした。

 

ちなみに給水は、コース後半にスポンジのみのエリアがあったり、通常の給水・干し梅にオレンジとバナナを出してくれていたところが1か所(周回コース上にあるので2回通過します)ありました。今回はさすがに果物に手が伸びなかった、それだけ余裕がありませんでした。 


f:id:sinnosuke22:20190513125829j:image

ゴール地点。ここにたどり着くまで果てしなく長かった。


f:id:sinnosuke22:20190513125948j:image

スポーツ用品・食べ物の出店がたくさん出ていました。帰りにここで『肉巻きおにぎり』を購入しました。


f:id:sinnosuke22:20190513130147j:image

肉巻きおにぎりを購入し、どこで食べようかさまよっていたら、無料の豚汁を配布しているテントを発見。完走後の豚汁配布があるのをすっかり忘れていました。豚汁と肉巻きおにぎりの昼食です。具だくさんの美味しい豚汁ありがとうございました。

 

昼食後、ゆっくりすることなくシャトルバスで帰路につきました。シャトルバスは座れたし(行きは立っている人もいた)、1時間に2本しかない御殿場線に上手く乗り継ぎができ、順調に帰れ助かりました。それでも、自宅に戻ったのは16時過ぎ。見も心もぐったり。翌日お休みを取っていて良かったです。

 

最後に

 

大会ボランティア・関係者の皆様、暑いなかでのサポート、コース上でのランナーを気遣う声かけ、そしてなんといっても、給水所では今回本当に助けられました。皆様のサポートに心より感謝致します。ありがとうございました。

大苦戦の富士裾野高原マラソン

f:id:sinnosuke22:20190512132239j:image

今日開催された富士裾野高原マラソン、いいお天気に気温がグングン上昇するなか、きついアップダウンに何度も脚が止まり歩いてしまうという大苦戦、一時はリタイアも頭によぎりましたが、かろうじて完走できました。いやぁ〜、こんなにキツイレースは久しぶりです。

 

ただいま、帰路の途中。レポはのちほどまとめます。


f:id:sinnosuke22:20190512132439j:image

富士山が綺麗に見えました!

 

 

 

悪あがきの坂道練習

今週末に迫った富士裾野高原マラソン。最近、右膝の調子が悪く、なかなか長距離練習ができていません。膝の不調から連休中も半分はお休みをとりました。

 

富士裾野は、 坂道のハードなレースになることは間違いなく、これはまずいと今朝の朝練で500mの坂道往復を2本入れてみましたが、すでに手遅れですね。

 

ここは切り替えて、ゆっくり長距離練習のつもりでレースを楽しむのが良さそうですが、だいたい当日になるとテンションが上がって、ガチで走ってしまう。そのあとを考えるとかなり不安です。

 

とりあえずは、今週もう1日練習を入れてレースの戦略を考えます。

グリコパワープロダクションシリーズ

f:id:sinnosuke22:20190509041637j:image

最近、グリコパワープロダクションシリーズを試しています。 

 

1つは、『グリコ パワープロダクション エキストラ オキシドライブサプリメント 』。呼吸持久力を高めるサプリメントらしく、酸素運搬に着目した素材、パプリカキサントフィルが配合されています。

 

まだ飲み始めたばかりで、効果はわかりませんが、呼吸持久力を高めるという謳い文句に惹かれてしまいました。とりあえず1か月は続けてみたいと思います。

 

 

もう1つは『グリコ パワープロダクション エキストラハイブリッド シトラス風味 ハイポトニックドリンク』。こちらは、これから暑くなる季節に入るので、ただ単に甘すぎず飲みやすいスポーツドリンクを探していて見つけたもの。ちょっと値ははりますが、長い時間運動をするスポーツにはなかなか良い、糖質と脂質の両方をエネルギー源に使える効果があり、しかも吸収が早いハイポトニック飲料です。

 

スポーツドリンク独特の甘さが少なく重くない(普通のスポドリに慣れているので逆に薄く感じます)、飲み始めは少し塩気を感じますが飲みやすくて、常温でも美味しく飲めます。スポーツドリンク系が苦手な人には合わないかもしれませんが、私は好きな味と飲みやすさです。

 

ちょっと値段が高めなので、長距離練習やレース時に使っていきたいと思います。