映画『浜の朝日の嘘つきどもと』

f:id:sinnosuke22:20220514194446j:image

観た作品の感想がたまってしまっています。

 

この作品も4月末にAmazon Primeで視聴しました。先行して地域限定で放映されていたテレビドラマ版は観ていました。映画はドラマ版の前日譚にあたります。

 

とにかく、大久保佳代子さんが良かったですね。偽りのない言葉と教師としては破天荒な行動で生徒想いだけど、男にはだらしない主人公の恩師役、高畑充希さん演じる浜野あさひとの教師と生徒以上の関係性が観ていてなんとも心を穏やかにしてくれました。大久保さん演じる先生は、乳がんで最後を迎えるのですが、その死際最後の言葉が、芸人大久保さんとリンクしていて、悲しい場面なのに一緒に笑顔になってしまいました。なかなか粋な演出です。

 

震災とともに生活がいっぺんした家族の中で、家族を信頼できなくなってしまった主人公。最終的には血の繋がりだという幻想にしがみつきたい被災地の人々。

 

ちょっとずつの人の優しさが大き輪となって広がっていく、いつもあることは当たり前ではない。

ラストは、穏やかな気持ちで見終えることができました。

 

《作品情報》
『ロマンスドール』のタナダユキ監督が福島県相馬市に実在する映画館“朝日座”を舞台に贈るハートフル・ストーリー。ある約束を胸に閉館の決まっていた朝日座にやって来たヒロインと、彼女の熱意に突き動かされ映画館を守るために立ち上がる人々の奮闘を描く。主演は高畑充希、共演に大久保佳代子柳家喬太郎


【ストーリー】
福島県相馬市にある名画座“朝日座”。地元の人々に愛されてきた映画館だったが、時代の波に翻弄されて厳しい経営状況が続き、支配人の森田保造は閉館を決断する。そこへ茂木莉子と名乗る女性が現れ、朝日座を立て直すために東京からやって来たと語り、存続を完全に諦めている森田に対し、潰されたら困ると強く訴える。そこには、ある恩師との約束があった。こうして茂木莉子は、勝手に朝日座の再建に奔走しはじめるのだったが…。


【監督】タナダユキ
【脚本】タナダユキ

 

【製作】
菅澤大一郎
藤原努
宮川宗生

 

【製作総指揮】
斎藤裕
津嶋敬介

 

【出演者】
高畑充希
柳家喬太郎
大久保佳代子
甲本雅裕
佐野弘樹
神尾佑
竹原ピストル
光石研
吉行和子

 

【音楽】
加藤久
主題歌
Hakubi「栞」

 

【撮影】
増田優治

 

【公開日】2021年9月10日



f:id:sinnosuke22:20220514194540j:image

 

 

映画『地獄の花園』


f:id:sinnosuke22:20220511223445j:image

公開時よりずっと気になっていた作品、Amazon Primeにてやっと視聴できました。

 

特筆すべきは前半部分。主人公が覚醒するところまでは、個性的で強烈なキャラクターやヤンキーOLたちの飽くなき戦いに、これぞ映画という感じで楽しめましたが、中盤の遠藤憲一さんが出てきたあたりから雲行きは怪しくなり後半は、ダラダラと残念な感じに。

 

そもそもOLの戦いなのに、ラスボス(ちなみにラスボス役は小池栄子さんです)の会社で戦う主要な相手は男性たちだったり。もちろん、女性役ではありますが思わず『普通に男じゃん!』と心の中で叫んじゃいましたよ。そのあたりから気持ちが現実に引き戻され、冷めてしまいましたね。もうちょっと上手い配役があっただろうに。極悪強面の女子プロレスラーを使うとか。好みの問題かもしれませんが、私的には、全員女性で創ってほしかったかな。残念ながら遠藤憲一さんのところで完全に白けてしまいました。

 

そして、パクリ感既視感満載、クライマックスにあたるところの流れも長いしで、これはいつ終わるのかと見ているのが段々辛くなる始末。


総合的には面白い部類に入りますが、出演している女性陣がみな好きな俳優さんたちだけに、詰めが甘くちょっと残念な作品となってしまいました。


《作品情報》
【ストーリー】
とある企業・三冨士の営業部に勤める直子。普通のOL生活に憧れる彼女だが、職場ではヤンキーOLの苛烈な派閥抗争が繰り広げられていた。ある日、営業部にカリスマヤンキーOLの蘭が中途採用で配属される。蘭はその圧倒的な強さで三冨士のヤンキーOLたちを制覇し、たちまち頂点に立つ。そんな中、一部上場企業トムスンを牛耳る総務部の年長OL赤城が直子を誘拐。蘭は直子を救うべく、指定された場所へ乗り込んでいくが……。


【キャスト】
永野芽郁
広瀬アリス
菜々緒
川栄李奈
大島美幸
勝村政信
松尾諭
丸山智己
遠藤憲一
小池栄子
ファーストサマーウイカ
近藤くみこ
室井滋


【監督】  関和亮
【脚本】  バカリズム
【製作】  石原隆

【上映時間】 102分

【公開日】2021年5月21日

今年の小布施見にマラソン

仮エントリーしていましたが、今年の小布施は不参加にすることに決めました。

 

私の中で、参加人数の多さに対する不安がネックになっていたこと、今年は身体や脚に問題がなければ、挑戦してみたい大会があるということが不参加に決めた大きな理由です。

 

来年以降は状況を見ながらになりますが、いつか再び小布施を走りに行きたいと思っています。

2回目の1人練30 km走

GWに走れなかった分、今日は、始めからきっちり30km走るつもりでスタートしました。

 

本番で使う初使用のランニングバックパックの利用とアミノ酸摂取を心がけることが今日のテーマです。

 

エネルギー補給は、昨日食べすぎたのでスタート時はなし、20kmでコンビニに寄りクリームパンとクエン酸入りビタミン飲料を補給、今回はエネルギージェルは使いませんでした。

 

先日のランニングイベント時に、補給にアミノ酸の顆粒を取り入れると良いこと、坂道の走り方(上りは数m先を見て現実逃避←この言葉、結構、印象的でした!、下りは脚に負担がかからないよう、ちょこちょこ走り)、体力を温存すること(坂道も歩いてよし、周りに惑わされ頑張らない)など、ウルトラを走るに向けてのアドバイスを頂いたので、その点も意識しながら走りました。

 

前回の30km走との違いは、今回の練習では、途中で、1kmの坂道(上り下り500mの往復)を4セット入れたこと。とくに下りは調子に乗らず、ちょこちょこ走りを徹底しました。そして、ストレッチ以外は、10kmごとの休憩にしたこと。

 

やはり、後半、腰に怪しいゾワゾワ感が出ましたが、坂道練習を途中入れたことで、崩れかけたフォームがリセットされたのか、坂道のあと、少しの間一時的ですが、腰と走りが楽になりました。

 

おかげで、前回よりもしっかりした足取りで走り終えました。

 

本番はこの距離の倍かぁと不安はありますが、さすがに1人での練習では30kmが限界です。40kmを1人は現状ではちょっと無理だなぁ。

 

今回は、ただひたすら黙々走るというよりも、大会のための準備として、ランニングバックパックに何を積むか(何が必要か)、補給関係のこと、前日から大会当日朝の食事はどうするか(食べすぎたりで大会中おなかをこわさないように何をどのタイミングで食べるか)などなど、考えないといけないことがたくさんあるなぁと思いながら走っていました。

 

脚の準備は、不十分なまま本番を迎えることになると思うので、それ以外の準備は、出来る限りしっかりしておきたいですね。

2022年冬ドラマ 振り返り

カムカムエヴリバディが『るい編』から『ひなた編』へと終盤に入り、ラストまでワクワクドキドキしながら過ごした今期。

しかしながら、今期、他の作品はガツンとくるものがなく、期待ハズレだったり、私にとって物足りなさの残るクールとなってしまいました。

 

そんな中でも、良し悪しに関わらず、きっちり観ていた作品は、この3作品でしょうか。

 

 

まずは、なんと言っても、この作品から。

 

NHK総合 よるドラ『恋せぬふたり』

他者に恋愛感情を抱かず、他者に性的に引かれないアロマンティック・アセクシュアルという難しいテーマの作品。30分という短い枠ながら、丁寧な作品作りに、主演のお二人、とくに高橋一生さんの細やかな表情の変化が秀逸でした。
 アロマンティック・アセクシュアルという言葉自体、私は初めて知りましたが、私のような人は多いと思いますし、今回、このドラマを通して、たくさんの人々に認知されたのではないでしょうか。そう言った意味でもNHKはさすがです。とても、繊細で秀逸な作品でした。

 

《作品情報》
2022年1月10日~3月21日 
月曜 22:45~23:15  30分
全8話
北京オリンピックで数回休止期間あり。

 

他者に恋愛感情を抱かず、他者に性的に引かれないアロマンティック・アセクシュアルの男女が出会い、同居する姿を描くコメディー。

 

【脚本】吉田恵里香

【出演者】
岸井ゆきの 高橋一生 濱正悟 小島藤子 菊池亜希子 北香那 アベラヒデノブ 西田尚美 小市慢太郎

 


2作品目。
NHK総合『しもべえ』

学園もの、友情、家族の問題などいろいろな要素ありですが、なんと言っても、主演の安田顕さんが一言も喋らないという正体不明のお助けおじさんという奇想天外な発想に度肝を抜かれました。それだけで十分、面白かったです。

 

《作品情報》
2022年1月7日~3月25日
金曜 夜10:00~10:44
全8話
北京オリンピックなとで数回休止期間あり。3月25日に第7回、最終回を2話連続で放送された。

謎と笑いと涙の“見たことない感”満載の青春ドラマ。原作は村田ひろゆきの同名漫画。迷える女子高校生・ユリナは、「しもべのしもべえ」というアプリを何気なくダウンロードする。それ以来ユリナが困っていると、謎のおじさん・しもべえが無言で現れユリナのピンチを救っていく。

 

【原作】村田ひろゆき『しもべえ』

【脚本】荒木哉仁 遠山絵梨香

【出演者】
安田顕 白石聖 金子大地 矢作穂香 内藤秀一郎 矢田亜希子 池間夏海

 


3作品目。
フジテレビ『ミステリと言う勿れ』
 
今期ナンバー1の期待の作品でした。
 その期待通り、初回はそれぞれのキャラクターの位置づけもわかりやすく、見応えありでものすごく良かっただけに、2話目以降からの尻すぼみ感が半端なく、ゲストも素晴らしい俳優陣が揃っているのに活かしきれていない。
 何よりも、きちんと1クールのドラマとして完結させなかったのは大問題です。続編や映画を見据えてであるにせよ、なんともすっきりしないラストに、毎回ドラマを楽しみに観ている視聴者のことを考えていないのだなと感じてしまいました。残念でなりません。

 

《作品情報》
2022年1月10日~3月28日
月曜 21:00~21:54
全12話

田村由美の同名漫画をドラマ化。天然パーマで、カレーを愛する大学生の久能整が淡々と自身の見解を述べるだけで、事件の謎や人の心を解きほぐすミステリー。


【原作】田村由美
【脚本】相沢友子
【出演者】
菅田将暉 伊藤沙莉 尾上松也 門脇麦 白石麻衣 鈴木浩介 柄本佑 岡山天音 早乙女太一 水川あさみ 北村匠海 佐々木蔵之介 船越英一郎 小日向文世 遠藤憲一 永山瑛太 筒井道隆

 

 


その他観ていたのは、次の3作品。正直、ちょっと流し見的になってしまいましたね。

 


TBS『ファイトソング』

岡田惠和氏のオリジナルストーリー、そして、前期NHK朝ドラ主演の清原果耶さんの民放連続ドラマ初主演作ということで期待していましたが、作品のキーポイントである間宮さんの歌が私はちょっとダメでしたね。でも、王道のラブコメとしては楽しめました。


《作品情報》
2022年1月11日~3月15日
火曜 22:00~22:57
全10話

不器用な登場人物たちのじれったくて切なくもどこか笑えるヒューマンラブコメディー。空手の日本代表を目指していた木皿花枝は、突如として夢を断たれる。無気力でだらけた日々を過ごしていた花枝に運命の出会いが訪れ、“人生最初で最後の恋”が動き出す。

 

【脚本】岡田惠和

【出演者】
清原果耶 間宮祥太朗 菊池風磨 東啓介 藤原さくら 若林時英 窪塚愛流 莉子 栗山千明 橋本じゅん 戸次重幸 稲森いずみ

 

 


日本テレビ『ムチャブリ! わたしが社長になるなんて』

 

高畑充希さん主演で、こちらも楽しみにしていましたが、ちょっと期待外れでした。お仕事要素が強すぎ、しかも主人公がキャラクターとしてもイマイチパンチがない。もう少し恋愛の要素を入れたほうが良かったかなと感じました。

 

《作品情報》
2022年1月12日~3月16日
水曜 22:00~23:00
全10話

ベンチャー企業の社長秘書・高梨雛子が成長していく姿を描く“お仕事エンターテインメント”。直感で動くカリスマ社長からのむちゃ振りの連続、主人公に、突然「子会社の社長就任」という特大のむちゃ振りが降り掛かる。

 

【脚本】渡邉真子

【出演者】
高畑充希 志尊淳 松田翔太 夏帆 荒川良々 笠松将 山田真歩 忍成修吾 神保悟志 坪倉由幸 片山友希 坂本慶介 ほか

 

 


フジテレビ『ゴシップ#彼女が知りたい本当の○○』

 

黒木華さん主演、ちょっと暗めの印象強く、そのためか見始めから数話はいまいち話に乗れませんでした。中盤から少しずつ面白くなってきたけれど、最後がこれまたいまいち。最近のフジのドラマは詰めの甘さが目立つような気がします。

 

《作品情報》
2022年1月6日~3月17日
木曜 22:00~22:54

全11話

ネットニュースサイトの編集部員を主人公に、新時代の人と人とのつながりを描く社会派風お仕事エンターテインメント。「カンフルNEWS」閉鎖の危機を救うべく、経理部から異動してきた瀬古凛々子が、PV数を伸ばすためさまざまなネタに斬り込む。また、その中で彼女の人間的な成長も描く。

【脚本】関えり香 橋本夏 青塚美穂


【出演者】
黒木華 溝端淳平 野村周平 野間口徹 石井杏奈 寛一郎 一ノ瀬颯 高橋侃 宇垣美里 大鶴義丹 りょう 安藤政信 ほか

 

 

カムカムエヴリバディが終わりロスもありますが、春からのドラマは、気になる作品が多く、今のところ、結構本数も観ていて楽しんでいます。

今年のゴールデンウィーク

今年のゴールデンウィーク、3日から5日は仕事を入れず、お休みにしていましたが、ほぼ引きこもっていました。というよりも、ずっとぐったりしていました。

 

休み前日までは、走る気満々だったんですが、これまでの疲れが出たのか、ぐったり動けず、気力もなく、かろうじてセブンイレブンに買い出しに行けたという状態でした。

 

最終日の夕方にやっと動けるまでになりましたが、とりあえず、無理はせずラン練習はお休みとしました。

 

寝ても寝ても身体はだるい。体調がなかなか安定しませんね。

5月に入って

1日に久しぶりにランニングのイベントに参加してきました。

 

少しでも長い距離を走りたいと思っていましたが、天気予報より早めに雨が降り出し、目的地からの復路はバスでの移動になるなど予定外ではありましたが、久しぶりにイベントに参加して、仕事以外で、しかもランナーの方々とお話できたりと、とっても楽しめました。そして、何よりも、気持ちが少し楽になりました。楽しかった反面、いかに、外へ出て人と触れ合う、関わることが大切か、今まで、好きなことを抑えていたストレスの大きさが想像以上だったことを思い知りました。

 

イベント解散後は、余力があったので、自宅まで11kmほど走って帰宅。走り出して早々に、雨量が多くなり失敗したぁと思いましたが、ずぶ濡れ状態ながらも最後まで走りきり、無事に帰宅できました。帰宅後、かなりぐったりでしたが、それ以上に 充実した1日を過ごせました。


f:id:sinnosuke22:20220505215134j:image

目的地は、神奈川県のオギノパン工場本店。

橋本駅スタートで、途中、上り坂続きでしたが、ウルトラに向け良い練習になりました。オギノパンでは、揚げパンを頂き、これがメチャクチャ美味しかった!

無料で工場見学もでき、たくさん流れてくるパンにちょっと感動しました。


f:id:sinnosuke22:20220505220007j:image

オギノパンで購入したパンたち。

右がもちっといちご大福ぱん(本物のいちごは残念ながら入っていません)、左が甘食です。もう1つ、クリームぱんを購入していましたが、帰りの1人ランの途中でエネルギー補給でいただきました。残りは自宅で遅い昼食に。どれも、美味しかったです。


f:id:sinnosuke22:20220505215708j:image

オギノパンからさらに先にある服部牧場へ。ここに向かう坂が最高にキツくて長い坂。1人だったら絶対に歩いていました!



f:id:sinnosuke22:20220505222451j:image

牧場内では、間近に牛たちを見れました。こんなに牛って大きかったっけと感じるほどの近さに感激でした。

 

1人で走っていてはできない体験がたくさんできました。とっても楽しかったです!

 

 

 

 

 

30km走に挑戦

先日の休日に、1人での30km走にチャレンジしました。意外にも30kmを1人で走るのは初めてでした。

 

ちょうど、曇り空で暑くもなく長距離を走るには絶好の日でしたが、体調はやや不安ありだったので、よく利用する5km折り返しの10kmコースを3セット、ついでに脚つり対策として、粉から作ったスポーツドリンクと10kmごとのエネルギージェル『マグオン』利用を試してみました。

 

途中で止めてもよしのゆるい感じで、スピードは平均km6分30秒から7分。10kmごとに水分とエネルギー補給、5kmごとに軽いストレッチを入れながら、音楽もなしで、まるで修行僧のように一人黙々と走りました。

 

なんとか30km走り切れましたが、やはり、同じコースを何度も走るということで精神的にもキツかったことと、何よりも20km以降、膝も怪しかったですが、腰に神経系からくるゾワゾワする嫌な違和感が出て、最後はヨレヨレでのフィニッシュでした。

 

脚つりの方は、効果があったのかはっきりしませんがつることもなく、翌日以降、強い筋肉痛も出ず大丈夫でした。ただ、練習後に、お腹を下してしまい、これはこれで、別の対策が必要になりました。

 

大きな問題は、腰ですね。今まで、太ももや膝へのダメージが大きかったり、腰が痛くはなっても、今回ほどの強めのゾワゾワして重だるい嫌な違和感はなかったので、かなり心配です。

 

とにかく、『出来る範囲で無理をせず』のスタンスで本番まで練習していこうと思います。

 

 

映画公開が発表

シム・ウンギョンさんの最新情報が入りました。

 

地上波で2020年に放送された『七人の秘書』の映画公開が発表されました。好きなドラマだったから嬉しい反面、映画ではなくSeason2のようなドラマでの続編を期待していたので、残念な方の気持ちが強いです。

 

それでも、韓国の最新映画の情報しかなかったので、早々にシムさんの作品が見られることは嬉しい限りです。

 

 

【詳細情報】
映画『七人の秘書 THE MOVIE』
公開日:2022年10月7日(金)
監督:田村直己
脚本:中園ミホ
音楽:沢田 完
出演:木村文乃広瀬アリス菜々緒、シム・ウンギョン、大島優子岸部一徳室井滋江口洋介
配給:東宝

NHK 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ 総集編』放送決定!

NHK 連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ」』の総集編が5月4日(水)に放送されることが決定しました。

 

大胆な編集で別作品としても楽しめるくらいになっているそうなので、今から楽しみです。録画、忘れないようにしなきゃですね。

 

放送日:2022年5月4日(水)  14:00~17:00