今日のmission無事に完了

先週から先延ばしにしていた大事なmission、『初めてのセルフガソリンスタンド』に行ってきました。

 

ネットで調べて、ユーチューブで何度も予習して行きましたが、もう何日も前からドキドキです。

 

画面の操作など、途中までスムーズに出来ていましたが、ガソリンを注ぐのが上手くできず、勢いよくて少し外に飛び散るし、満タン加減がわからない(たぶん自動で止まると思うけど、溢れそうで怖くて自ら止めました)。

 

その後、少し外にこぼれたガソリンを拭く布巾はないかと辺りを探してまごついていたら、スタッフさんが声をかけてくれ助かりました。

 

いやぁ~、緊張しまくりのセルフガソリンスタンドデビューでした。ガソリンスタンドが空いていたので、慌てずにできたのも良かったです。

 

もう少し、上手くガソリンを入れる方法の研究が必要です。

 

まだまだ、しばらくはまごつきそうだなぁ。ガソリンスタンドに行くたびにドキドキするのは、しばらく続きそうです。

走れる身体作りから始めよう

怠けぐせと気持ちの落ち込みから、先週も走れずにいましたが、久しぶりに今朝10km走ってきました。

 

腰は痛いし、身体は重い。何より呼吸が苦しい!

 

また、1から身体作りが必要です。

 

ぼちぼち、ゆっくりやっていきます。目標は続けること、これだけです。

これじゃダメだ!

ここ2週間、全然走れていません。

仕事を休むほどの体調不良が続いたのもあって、ラン練は週1回ペースになってしまっています。

 

とにかくやる気が出ない、興味が湧かない、何に対しても動き出すモチベーションにならない。

 

このままじゃ、本当にまずい!

 

何か目標があれば動き出せるかも。でも、オンラインマラソンじゃ、もうモチベーションや走る向上心を上げられそうにない。

 

それぐらい落ちている現状を打破すべく、実戦大会にエントリーしました。

 

年末の長期休みに入る時期に開催される大会です。しかも、30km部門にエントリーです。

 

もちろん目標は、スタートラインに立ちレースに参加すること、そして、完走できること。

 

今の私には、この高い目標に向かって、まずは走れる脚を作ること。そこから始められたらと思います。

 

 

 

 

 

NHK 連続テレビ小説『おかえりモネ』

遅ればせながら、最終週を録画で見終わりました。約半年間、主人公の成長と共に、考えさせられたり、涙したり、楽しませてもらいました。最後は爽やかに、素晴らしい作品でした。

 

《作品情報》

2021年度前期放送のNHK連続テレビ小説』第104作

放送日:2021年5月17日~2021年10月29日


〈作〉安達奈緒子
〈演出〉

一木正恵
梶原登城
桑野智宏
押田友太
中村周祐
原英輔
田中諭
舩田遼介


〈出演者〉
清原果耶
鈴木京香
坂口健太郎
永瀬廉
蒔田彩珠
浜野謙太
でんでん
今田美桜
清水尋也
森田望智
恒松祐里
玉置玲央
菅原小春
山寺宏一
前田航基
高田彪我
平山祐介
藤竜也
塚本晋也
マイコ
山口紗弥加
井上順
浅野忠信
高岡早紀
西島秀俊
夏木マリ
竹下景子
内野聖陽
ナレーター
竹下景子


音楽
高木正勝
オープニング
BUMP OF CHICKEN「なないろ」

 

あらすじ

宮城・気仙沼湾沖の島で育ち登米で青春を過ごしたヒロインが、魅力と可能性を感じることができた天気予報を通じて人々の役に立ちたいと気象予報士を目指して上京し、やがて故郷の島へ戻り予報士としての能力を活かして地域に貢献する姿を描く。
 

プチ生前整理始めました

来年、人生の節目といえる歳を迎えます。

 

その時が来たら少しづつ身辺整理を始めようと薄っすら思っていましたが、最近、想うところがあって、というより、コロナで有り余る時間の中で、『自分の最後をどう迎えるか』ということについて考えるようになりました。

 

ずっと後回しにしていたことでしたが、仕事柄、原付バイクを移動で利用していたり、自分のオートバイを持つようになって、自分に何かあったとき、出来るだけ周りの人に迷惑をかけたくないとの想いが強くなった訳です。

 

いろいろ本をかじり読みしつつ、前倒し的に始めたのがプチ生前整理。

 

まずは身の回りから片付けて、なるべく必要なものだけでシンプルな生活をすることが目標でした。

 

でも、始めて見ると、使わない不要なものがたくさんあるわあるわ。衣装ケースをひっくり返したらビックリするぐらいの物の山。

 

その山の中から必要なものだけ残そうと思っても愛着があるとなかなか捨てられません。とくに、ランニング·マラソン関連の物がなかなか減らせない!

 

さらには、今後使わないであろうスーツケースなどの大型のものや小型の電化製品など、捨てるにもお金がかかる訳で。

 

こりゃ、自分で処理できるものはやっとかないとまずいと改めて感じました。そして、自分がいかに適当に生きてきたか、猛省です。

 

他にも物だけではなく、使っていないクレジットカード類の解約処理や重要な書類関係の整理(最新のものだけ残し、誰が見てもわかりやすいようにクリアファイルで整理)など、プチと言ってもやる事はたくさん。

 

さらにさらに、ネットを含めた会員になっているものの解約処理、ポイントカード類、メールや郵便物の整理などなど。

 

考えるとやる事が多過ぎて気が遠くなりますが、気になっているところと優先順位の高いことからぼちぼち進めていこうと思います。

 

ちなみに、これを機に、保険の相談窓口に行き、生命保険も見直しをして、追加の保証も付け加えました。

 

綺麗サッパリ片付くことで、今の最悪な生活習慣も改善されるといいのになぁと淡い期待を抱いています。

スイーツ三昧 第三弾

昨日のハロウィンにちなんで、かぼちゃのスイーツ。


f:id:sinnosuke22:20211101060131j:image

セブンイレブンの『マリトッツォ パンプキン』


f:id:sinnosuke22:20211101060235j:image

ココアを練りこんだ黒いブリオッシュパンに、

かぼちゃ味のホイップクリームと、ほろ苦いキャラメルソースを挟んだマリトッツォ。

f:id:sinnosuke22:20211101060333j:image

初マリトッツォ。

ココア生地のパンは美味しいけど、かぼちゃクリームに見た目以上のパンチがなかった。甘すぎない優しいクリーム、しかもフワッと柔らか過ぎて、かぼちゃのねっとりした甘さのイメージと違い過ぎてちょっと残念でした。


f:id:sinnosuke22:20211101060942j:image

こちらは、コージーコーナーの『かぼちゃのタルト』。

北海道産かぼちゃ『くりゆたか』の濃密な味わいが楽しめる季節限定タルト。ほんのりシナモンをきかせたかぼちゃ生地に、ホイップクリームを重ねて、さらにキャラメルソースがかかっています。

f:id:sinnosuke22:20211101061041j:image

これぞ、私が求めていたかぼちゃのスイーツ!

かぼちゃが濃厚で大満足な一品でした。

 



 

 

 

 

金沢の空に号砲響く

いよいよ動き出します!

 

公道を走る定員10000人規模の大規模大会、金沢マラソンが本日開催されています。

 

この大会をベースに、公道を走る大きな大会の開催か続いてくれるようになるといいですね。そのためにも感染関連の問題が出ないことを願うばかりです。

 

今、まさに走っているランナーの皆様が本当に羨ましい。

 

ランナーの皆様が、無事に、そして、楽しんで走り切れることを祈っています。

2022年3月のレース開催·中止情報

3月と言えば毎年恒例で真剣勝負のガチレースとして参加している、あるいは参加していた大会が多い大切な時期。

 

その恒例のレースの情報があがってきました。

 

まずは、三浦国際市民マラソンハーフマラソンオンリーで9000人の定員で開催の方向。11月からエントリーが始まります。日程は3月6日。

 

もう1本は、練馬こぶしハーフマラソン

こちらは、コロナウィルス感染とともに練馬区の財政状況を踏まえて中止が決定しました。23年以降も開催は未定のようです。

 

三浦の開催を知ったときは、『走りたい!』と一瞬、思いましたが、やはり9000人規模、スタートをどう工夫してもマスクなしの密は避けられない状況が予測され、まだまだ安心して参加できそうにありません。

 

そろそろ実戦レースを考えていますが、感染対策や参加人数の規模、一番密になるスタートの方法など、参加するレースを決めるには熟考が必要です。

大阪ハーフマラソン開催決定

大阪国際女子マラソンと同時開催される大阪ハーフマラソンの開催が来年1月30日の日程で決定しました。エントリーは11月1日から、募集は6000人規模になるそうです。

 

さすがに来年の参加はまたまだ厳しいですが、私もそろそろ実戦レースの参加をと考えています。当面は規模の小さな大会から。フルマラソンも考えていますが苦手な寒い真冬のフルへの不安もあり頭を悩ませています。